マンションを貸す相場の考え方と注意点

マンションを貸す際の相場

マンションを貸す際の相場物件の条件と近いものだけを情報として集める借り手の気持ちになると判断が付きやすくなる

マンション貸す場合の相場、すなわち賃貸に出す場合の家賃を幾らにすれば良いのか、の考え方をご説明します。
マンションを一度でも貸した経験、すなわち貸主になった経験があれば悩まない点ですが、やはり初めてとなると、最初に考える項目になると思います。
実は、自分が貸主として家賃を検討する際の一番の良い方法は、自身が借主になって考えると判断しやすくなります。
つまり、自分が賃貸マンションを借りる場合の物件条件として、所有のマンションを客観的に見て判断できる分けです。
では、まず借り手が一番重要視する、次の項目を見てみましょう。
● 徒歩圏内に最寄駅があるか。
● 広さ、部屋数。
● オートロックの有無。
● 風呂とトイレは別か。
これらの項目は、借主にとって相場通りの家賃であれば借りる判断材料となる為、とても重要です。
特に、投資用としての1ルームマンションなどの場合、最後の2項目如何によっては、逆に家賃を下げる要因となります。
こうした条件を踏まえ、その家賃を考える時、借主として何をするかと言うことですが、やはり自分の住みたいと思っている地域の家賃を調べる事から始めるのが普通です。

一括査定するならマンション貸す.com不動産売却査定のイエイ|大手複数社の査定書を無料即日お届けサービス